小江戸川越へ

久々にインプレッサ15iを引っ張り出してドライブに行って参りましたよ。

今回の目的地は埼玉県の川越。小江戸と呼ばれ古い街並みなどが残っているのが特徴。とはいえ、失礼ながら「川越」を目的に出かけたりドライブしたりというのは考えたことも無かったですねぇ。近場ってのはなかなかその面白さには気づかないものかもしれませんねぇ。

水曜どうでしょう」の一企画、土地の名物早食いでその領地を奪いながら日本列島を縦断する「甘い物国盗物語 対決列島」。その「関東大会」の舞台になったのがここ川越なんですねぇ。川越には「菓子屋横丁」なんてのがあって、懐かしい造りの商店で昔ながらの駄菓子やら煎餅を売っている一角があるんですよ。で、甘い物好きのディレクター「魔神」こと藤村さんが「関東大会をやるなら是非川越でやりたい」・・・と。北海道のローカル局のディレクターにそう言わしめたくらい有名なんですねぇ。

古い街並みなども魅力ではあるものの、午後からのお出かけでは欲張れないのが実情。そこで今回はとりあえず菓子屋横丁を目的に行って見ることにしましたよ。

午後2時頃になってからゆっくりと横浜を出発。横浜から西埼玉方面てのは車での移動はすこぶる不便。関越方面へは東京都内へ迂回しない限り高速道や自動車道が繋がっていないんですね。んで、仕方なくR16を八王子まで北上。R411に乗り換えてあきる野ICで圏央道に乗り鶴ヶ島から一般道で川越を目指します。

しかし神奈川県内R16の混雑は相変わらず酷いもんですねぇ。交通情報では「かなり交通量が少ない」と言っているのに主要交差点近くでは確実に渋滞。ま、覚悟の上で走ってはいますが。で、圏央道に乗ってしまえば早いもの。川越市役所の駐車場に着いたのは16時ちょっと過ぎでしたか。

画像

市役所から2~3分も歩くと人ごみに遭遇します。そこはもう菓子屋横丁。横丁と言ってもズラーっと駄菓子屋が並んでいるわけでなく、比較的大きなお菓子屋が数軒と飲食店系がチラホラあって細い路地を挟んでいる印象。で、その路地が結構細いんですよ。ちょっと店先の陳列物でも見ようと思うとワラワラ歩いている人とぶつかっちゃうくらい。

でもこの狭さが良いんでしょうなぁ。

画像

ここは一番人気っぽい「田中屋」さん。大繁盛状態でしたよ。子供から大人までたくさんのお客さんで店内はいっぱい。でも皆さん楽しそうに品定めしてますねぇ。いや、駄菓子屋って結構面白いですわ。

こちとら買う物は決まっているのでサッサとお会計。
何を買ったかはまた後日・・・っつうか、わかる人にはわかる

やるか?一人「関東大会」(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック