MXTV「水曜どうでしょうclassic」は「韓国食い道楽 サイコロの旅」第4夜

今週もまた木曜日になってようやくMXTV「classic」を観てますよ。

いよいよ「サイコロ韓国」も最終夜。
「どうでしょう」史上でも最も過酷な旅と称され、鈴井・大泉両氏とも2度としたくない旅に挙げるこの旅。人間は食べないと死んでしまいますよぉ

全州で2日目夕食の選択。
腹いっぱいビビムパを食し生き返ったお2人。ここで洋ちゃんの振ったサイコロの目は「麗水のチョッカルとタチウオ料理」。麗水は魚介類が相当旨いらしい。全州から麗水へは再び「ムグンファ号」に乗車。今度は太極室(日本のグリーン車相当)の指定席を確保して優雅な移動。朝のデッキにしゃがんでの移動に比べたらまるで天国。

目的のノレミ食堂の前で運命のカード!
洋ちゃんが引いたのは・・・「鈴井と大泉食えない」・・・D陣2人が食えて出演陣が食えないという、何ともTVらしからぬ状況に。

しかしこの食堂の魚料理はすごいですねぇ。豪華絢爛。しかし食えるのはD陣のみ・・・。しかし料理の中に「ホヤ」があり藤村Dはどうやらコレが苦手のご様子。で、ミスターに「鈴井さんねぇ コレは・・・あげる 食べてもいい」と。しかしミスターは「ホヤ」が何たるかをご存知無い様子。そして一口・・・「おっ」と言ってからビールで慌てて飲み込みますよ。マズいんですねぇ。

藤村Dが今度は洋ちゃんに差し出したのは焼き物のエビの頭。そのエビの頭さえ旨い、と。さらに洋ちゃんはチャンスタイム(1回だけジャンケンで勝てば一品食べることができる)で焼き魚も獲得。これに対しホヤしか食えず哀しそうにするミスターに藤村Dが差し出したのはまたもやエビの頭。屈辱とプライドの葛藤に悩みながらも遂にエビの頭を口にするミスター・・・かなり憐れです(笑)

今度は洋ちゃんがホヤを一つ。あまりの不味さに「エビの頭一個ちょうだい」。それを見たミスターは「ホヤ食べたら・・・エビの頭一個もらえるの?」と一言。もちろんミスターは再びホヤを口にしエビの頭を獲得(笑)

長々と状況を書きましたが、ここは人間てのは食べずにいると見事にプライドを捨てて生きるための判断を働かすという、この旅の過酷な状況を一番わかりやすく描写した場面なんですねぇ。いや笑えました。

麗水で3日目朝食の選択。
ほぼ夕食抜きの状況で明日の朝食の選択。ここではミスターがサイコロを振る。出た目は「麗水で一泊」!ようやくゆっくりできると喜び抱き合う2人。麗水で最高級のホテル「麗水ビーチホテル」へ。しかしこの宿は本当に最高級なのかい?・・・海水浴場近くの民宿みたいじゃねぇか!(笑)しかも鍵が簡単に壊れるほどボロいし。

翌朝、改めて朝食メニューを決めるために再びサイコロを振る。ここでミスターの出した目は「済州島でフグちり」。韓国最南端の島でフグづくしは良いがかなり時間がギリギリ。それでもわずか8時間の間に韓国を1往復半する強行軍で済州島へ。

店の前で運命のカード・・・洋ちゃんが引いたのはなんと「全員食えない」・・・何も食えずにトンボ帰りでソウルへ・・・。

いや~。サイコロ韓国は本当に過酷な旅でしたねぇ。
観ていても腹が減ってちょっとイライラしますよ(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック