BESSA R2Aと津軽散歩

銀塩カメラの難しさを改めて感じつつ・・・

先日の津軽・函館旅行。BESSA R2Aで撮ったフィルムの現像が上がって来ました。今回は初リバーサルということもあって気を遣ったつもりなんですが・・・う~む。そんな中から割とまともに撮れたものをご紹介させてもらいますよ。

画像

BESSA R2A
COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 PII
FUJICHROME PROVIA100F(RDPIII)

青森ベイブリッジの橋脚部分。青空があんまりにも綺麗だったもんで。デジタルプリントでも充分綺麗な青だったんですが、ポジから直接スキャンしたら青の奥深さが比べ物にならない。暖冬とは言え冬らしいクリアな空の感じは気持ち良いですなぁ。

もう一枚青空の写真を。

画像

BESSA R2A
COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 PII
FUJICHROME PROVIA100F(RDPIII)

こちらは津軽半島の三厩を散歩しているときに見つけた飛行機雲。やっぱり青が綺麗。これはリサイズしてるんで良く判らんかもしれませんが、キッチリと2本の飛行機雲が真っ直ぐ伸びてるんですよねぇ。解像度も相当かと。

さてさて。場所は変わりまして津軽鉄道へ。

画像

BESSA R2A
COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 PII
FUJICHROME PROVIA100F(RDPIII)

津軽鉄道の終点、津軽中里駅の出札窓口ですよ。フィルムはこの蛍光灯カブリで緑色っぽくなるのが好きなんですよねぇ。これは本来弱点とするところですが・・・雰囲気と言う点から見たら悪くないかと。

画像

BESSA R2A
COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 PII
FUJICHROME PROVIA100F(RDPIII)

こちらはストーブ列車のダルマストーブ。団体さんが押し寄せる前になんとか撮った一枚。木張りの客車の内装といい何となく暖かい雰囲気ですよねぇ。



今回はとりあえずこんなもんで・・・。
もちっと良い画を紹介できるよう精進せねばいかんですなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年02月24日 00:35
青空ですネー(*´∀`*)雲ひとつ無いってのよりちょこっと雲有りが好きです。
津軽中里駅は蛍光灯の暗さがレトロな感じを引き立てていて、これまた好きです。
ダルマストーブは、ホンマもんのダルマストーブだったんですネ。見ているだけであったかくなりそうです。でも撮影にはご苦労があった様で(^_^;)お疲れさまです。
るど
2007年02月24日 02:44
今日はアルコール入ってるんで。
津鉄の凧の写真、いいですね。なんかわびしさがワビサビの世界を感じます。

あとやっぱ、銀塩って、きれいなんですね。自分も精進して撮ります。でも三脚はめんどい。電車でも持ってくんすか?
のぶ
2007年02月24日 05:47
ベイブリッジの空の青色、綺麗ですね♪手間の枯れ枝が冬らしく・・・蛍光灯のぬくもりのある明かりがいいなぁと思いました。
2007年02月24日 13:09
>じゅんさん
空は雲があった方が表情が付いて良いですよね。雲は季節感も強く出ますし。
津軽中里駅はスーパーと同居なんでそう簡単に改築もできないでしょうから暫しこのレトロ感は残るでしょう。本物のダルマストーブは車掌さんが豆炭をくべる本式(?)でした。直火ってのは見た目も暖かいのが嬉しいですね。
2007年02月24日 13:12
>るどるふさん
津軽中里駅は雰囲気が良いですよね。ローカル私鉄の終着駅はかくあるべし、みたいな(笑)
今回はリバーサルを使ってみたんですがやっぱり露出がシビアな気が・・・まだまだ練習が必要なようです。
三脚はさすがに列車のときは持って行きません。バッグに収まるようなもうちょっと小さい三脚が手に入れば持って行くんですが・・・。
2007年02月24日 13:16
>のぶさん
やっぱりフィルムは色の出方が綺麗ですね。今回撮ったものは色彩感が弱いものが多くてもう一つの印象ですが・・・蛍光灯で緑にカブるのは雰囲気としては悪くないですよね。

この記事へのトラックバック