fortia SP

「限定」っつう単語に弱い性格はなんとかならんのかと。

先日横浜駅西口のヨドバシカメラにBESSA R2A用のフィルムを買いに行くと、棚の中ほどに一段と鮮やかなパッケージが並んでいるじゃないですか。そう。1/27から数量限定で販売されている富士フィルムの超高彩度個性派リバーサルフィルム「fortia(フォルティア) SP」ですよ。

画像

気がつけば36枚撮を1本買ってました。
1本でも1,190円・・・さすがに箱買いはできなんだ(´・ω・`)

初代フォルティアは2004年夏に数量限定でデビュー。しかしそのあまりにも鮮烈な原色表現ゆえ利用場面は限られていたようで。一部の発色を抑えるなどの改良を加え2005年春に2代目としてフォルティアSPがまたも数量限定で発売。そして今年2007年1月。そのSPの好評を受け花の季節を控えてまたも数量限定で登場。どちらかというと鮮烈な色表現のフォルティアにはが似合うんでしょう。良いタイミングでの再発売と言われておりますなぁ。

正直、フィルムの違いを問えるほどの腕と眼は持っていませんが何か?

でも折角だから使ってみたい。特にを撮ったら綺麗ではないか、とする雑誌記事などを読めば読むほどワクワクしてきますねぇ。しかしISO50(富士は被写体によってISO64に設定するか1/3アンダーを推奨)というあたりに不安はありますなぁ。



フィルム2本(fortiaSPとRDPIII)で2,000円ほどというお支払いには驚き・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のぶ
2007年02月28日 03:36
梅の次は、桜シーズンですか。原色表現・・・難しい話はよくわからんですけど、楽しみにしてます^^
2007年02月28日 05:16
とうとうポジにまで手を出しましたね!もう写真から離れられません!転職しましょう(笑)
富士の実効感度は、好みの問題もあると思いますがノーマルのままでもいいと思いますよ。それに比べてコダックなんか1段、2段あたりまえ~ラボで実効感度テストされたPKRをその場で大量買いしないとしゃれにならないことになります(笑)昔はフィルム専用の冷蔵庫も持ってました(笑)
個人的にはEPRのプラス1/3増感現像が好きでした。
2007年02月28日 09:09
>のぶさん
デジカメでもそうですが最近になって花を撮るのが好きになってきました。春近いこの季節が今まで以上に楽しいです(笑)
2007年02月28日 09:15
>onsundayさん
周囲の影響もあって、ここ一番にはリバーサルを使うようにしようかと。で、転職って・・・(笑)
感度の件、とても参考になります。正直、fortiaについてはいろいろと調べてみたんですが納得いく答えが無くて・・・かといって、とりあえず撮ってみようというお値段でもなく(笑)
コダックは日本市場撤退の話もありますよね。そんな記事の中で同ロット現像液の纏め買いの話が出ていました。フィルムと言い現像液と言い、安定感を求めるというのはなかなか難しいですね。
K
2007年02月28日 19:20
最近、銀塩フィルムの売り上げはどうなんでしょうね。一般向けのネガフィルムより、プロ用や趣味用のリバーサルのほうが、まだ売り上げは維持できているのかもしれませんね。そういう意味では、いろんな限定品を出すのは、手なのかもしれませんが。
2007年02月28日 20:45
>Kさん
事実上、フィルムは富士とコダックだけになってしまいましたからねぇ。採算は良いはずは無いでしょう。リバーサルはプロやハイアマ用途でどの程度売れるのか・・・販売比は低いような気がします。最後のフィルムの主力は「写るんです」なんじゃないでしょうかね。
2007年03月01日 02:45
うちに出入りしている写真商社は、こんな一気に業界がデジタルに変わるとは思わず大量のフィルム在庫を抱えてしまい泣いています。そりゃ~写真関係の仕事している私だってここ何年もフィルムを買った記憶ないもん(笑)在庫抱えるわけです。
2007年03月01日 09:14
>onsundayさん
業界の方々をもってしても、このデジタルへの急流は予測できなかったということですねぇ。一度デジタルオンリーになった者が言うのもアレですが、なんとか銀塩の面白さがもう一度見直される時が来て欲しいです。自分はR2Aを買って改めてアナ・デジ両方の面白さにとりつかれています。まして初心者の自分にとってフィルムを扱うことの奥の深さは底知れぬものがあります。あとは富士がどこまで頑張れるか・・・。

雑誌とかで今更プロカメラマンが「俺はどっちもやるぜ」とか言われても説得力が無いんですよねぇ。なんか良いテは無いものか。

この記事へのトラックバック