DNP CENTURIA100

まだまだ写真用フイルムには根強い需要があるんですよね。

デジタルカメラの台頭で所謂銀塩カメラの衰退が著しいのはご存知の通り。大手、中小の違いなく殆どのカメラメーカーが銀塩カメラの開発中止や撤退、と報じられたのも止むを得ないことではありますねぇ。自分も一時期は銀塩カメラを所有していませんでしたし・・・そんな状況下で国内のフイルム供給は富士フイルムコニカミノルタが、海外としてはコダックが頑張っていたわけで・・・

その国内メーカーのひとつであったコニカミノルタが写真用品事業から撤退。印画紙事業を大日本印刷のグループ企業であるDNPフォトマーケティングが引き継ぐことに。そして4月に入ってから、なんとコニカミノルタのフイルムブランドであったCENTURIAを継承してフイルム事業に参入すると発表!

需要量から考えても・・・ちょっと驚きでしたねぇΣ(´д`ノ)ノ

画像

で、土曜日にフイルムを現像に出しがてら寄った某カメラ店でめでたく発売開始になった新CENTURIA100を買ってみましたよ。青とピンクの箱が鮮烈ですねぇ。もともとのコニカのフイルムは華やかな表現をする印象があるんでこのパッケージはイメージ通りのような気も。

DNPフォトマーケティングはコニミノの印画紙事業についてはラインごと譲渡を受けているので従来と同じモノですが、このフイルムに関してはどうやら外部委託のよう。で、いろいろと眺めているとパッケージにMADE IN USAの文字が・・・つうことは、中身はコダックなんでしょうかなぁ?

ま、中身がなんであれフイルムを安価に安定供給すること自体が大事。DNPがCENTURIAを引き継いだことは事業的な戦略はあろうとは思いますが・・・なかなかの英断だと思っております。自分はフジのフイルムの表現が嫌いではないので主力は今まで通りREALA ACERDPIIIでしょう。でも敬意を表すのとやはり安定供給への想いをこめて、時にはCENTURIAを使おうかと思っていますよ。まずは撮ってみてどんな仕上がりになるかですねぇ。

次の週末にはCONTAX TVS IIかBESSA R2Aに装填して出かけてみますか。
ちょい楽しみだったり(´ー`)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年07月02日 02:03
コニカミノルタが写真用品事業から撤退とな!知りませんでした・゚・ヽ(゚Д゚≡゚Д゚)/・゚・。
そういえばオマケでくれるフィルムがコニカから富士に変わっていた・・。それはそれの影響だったんですね。といいつつ富士フォルムを使うじゅんさんなのでした。
2007年07月02日 12:08
>じゅんさん
コニミノはフイルムだけでなく印画紙事業からも手を引いてしまいました。幸いなことに業務提携していたDNPが巧く引き継いではくれましたが。自分も富士を愛用しているんであまり気になりませんでしたが、いよいよ国内フイルムメーカーが一つになってしまうことには物凄い危機感を覚えます。
2007年07月02日 22:58
こんばんは
どうやらコダックみたい・・
ちょっとガッカリですが、値段が安いので良しとしましょう(笑
こちらではバラ売りしてないんで、まだ買ってないんです。
サクラカラーの復活を希望します・・・
2007年07月03日 09:15
>TAKEさん
中身は何であれ歓迎すべきことですよね。確かに価格の安さは魅力です。こちらではバラ売りしてますよ。ISO100で200円を軽く切ってますから助かります。会社帰りにいかがです?(笑)

小西六サクラカラー・・・
懐かしいですねぇ(´ー`)

この記事へのトラックバック