富山ライトレール

旧型国電が走っていた国鉄時代から長いこと乗ろう乗ろうと思っていたんですよ。

富山~岩瀬浜間を走る富山港線。国鉄からJR西日本そして富山ライトレールへと経営が替わり、LRTとなってから丸2年経ってしまいましたが・・・ようやく乗車することができました。そう。17日の日帰り富山出張の際に寄り道してきたのがこの富山ライトレールですよ( ´∀`)b

午後の仕事の後から18時過ぎのフライトまでのわずかな時間。それでもなんとか全線一往復だけはしてきました。可愛い電車が地元の皆さんに愛されている感じがひしひしと伝わってきましたよ。

画像

富山駅北で発車を待つポートラム。ポートラムはこの電車の愛称で港のポートと路面電車のトラムを合わせた造語。まるでネコのような愛らしい姿はキャラクター名とれねこの方がお似合いかも((=゚Д゚=)

富山駅北から岩瀬浜まで全区間乗ってもわずか7.6kmで25分ほど。途中の奥田中学校前(新設)から終点の岩瀬浜駅までの約6.5kmは旧JR西日本富山港線の線路を活用。奥田中学校前から富山駅北まで約1.1kmの路面併用区間は新たに敷設された区間。終日ほぼ15分おき(深夜は30分)に走る電車は国鉄~JR時代のローカル線とは利便性の点で比較にならないですな。

この日は平日の夕方に乗車しましたが座席はほぼ埋まる程度の乗車率。途中で学生さんや買い物客などの入れ替わりもあってほどほどに賑やか。全線均一200円と言う手ごろな運賃も功を奏しているか。

画像

しかし近くで見るとさらに愛らしく感じられる電車ですな。見た目だけでなく乗り心地もこのテの電車にしては良いし、エアコン完備でなかなか快適なのも受け入れられる条件だったんでしょうね。路面区間は最高40km/h、軌道区間でもせいぜい60km/hとさほど速くは無くても高頻度低運賃となれば利用者は付いてくる可能性が高い、つうことですな。とりあえずここまでは成功したLRTとして価値ある一例となっていますねぇ。これからも地元に根ざした経営で永続的に走り続けて欲しいもの。

と、久々に出張の合間に電車好きの虫が騒いだ話でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月20日 05:29
わぁぁぁっ(≧∇≦)
つるぅ~んとしたかいらしぃ電車やねぇ☆
乗り心地もいいんなら
言うことないです(* ^▽^)(^▽^ *)ネ~ッ♪
でも…
σ( ̄  ̄ * ウチは乗る事ないんやろぉなぁ…
2008年06月20日 16:01
>ばぁさん
ね。可愛い電車ですよね(笑)
見た目が愛らしいと乗客の好感度も上がりますよ。特に女性へのアピールはかなり高いかと。
自分もなかなか乗る機会に恵まれなかったです。今回、ようやく乗ることが出来ました。

この記事へのトラックバック