銀塩蔵出し 別府

九州ブルートレイン惜別の旅にはTVS IIを連れて行っておりましたよ。

今回の九州旅行は寝台特急に乗ることに重きを置いていたために、あまりカメラ自体の出番がありませんでした。そんな中でも別府市内をプラプラした際にCONTAX TVS IIで何枚かスナップ。コンパクトなTVS IIは街歩きにはなかなか便利ですな( ´∀`)b

画像

CONTAX TVS II
Carl Zeiss T* Vario Sonnar 28mm/F3.5~56mm/F6.5
FUJICHROME TREBI 100C

まずは別府駅前の油屋熊八像。もろ手を挙げて向かってくる様はなかなか異様。

画像

CONTAX TVS II
Carl Zeiss T* Vario Sonnar 28mm/F3.5~56mm/F6.5
FUJICHROME TREBI 100C

別府の街で竹瓦温泉を探しプラプラ。フォーク&ポップスの看板に惹かれ・・・1枚。

画像

CONTAX TVS II
Carl Zeiss T* Vario Sonnar 28mm/F3.5~56mm/F6.5
FUJICHROME TREBI 100C

竹瓦温泉玄関の暖簾。深い緑色に染め抜かれた暖簾に懐かしさを感じますねぇ。

画像

CONTAX TVS II
Carl Zeiss T* Vario Sonnar 28mm/F3.5~56mm/F6.5
FUJICHROME TREBI 100C

最後に血の池地獄。デジカメの方が綺麗な赤で撮れましたが、深みのあるおどろおどろしさはリバーサルの方が出てる気がしたり。

フイルムを使うこと自体が少し久しぶりになってしまったこともあり・・・露出ミスが多かったのが悔やまれるかなぁ。やはり時々はフイルムカメラも持ち出して感覚を身に付けねばいかんですな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月25日 23:35
( 艸`*)ププッ 
なにぃ このおじぃさん
後ろにお猿さんかなにか
ぶら下がってはるん????
なんや異様ねんけど
気になる… (´・ω・`;A)
2008年09月25日 23:46
「博堂村」…伝説のフォークシンガー大塚博堂ですね。そういえば彼も別府出身でしたね。
2008年09月26日 00:46
こんばんは~
1枚目をみてなんだか笑ってしまいました。
微笑ましい像ですね。
そしてフォークの似合いそうな街ですね。
2008年09月26日 12:25
>ばぁさん
油屋熊八は別府温泉を全国レベルに押上げるのに大貢献した実業家だそうです。両手を挙げているのは天国から熊八が舞い降りた姿だからなそうな。ちなみにブラ下がってるのは猿ではなく鬼の子供だそうですよ(笑)
2008年09月26日 12:28
>讃岐屋さん
大塚博堂は良く知らないんですが、調べてみると聴けば解りそうな曲がいくつかありました。別府が生んだ遅咲きの名シンガーのようですね。
2008年09月26日 12:30
>TAKEさん
熊八像はユーモラスですよね。鬼の子は別府の地獄を連想させる小道具なのでしょうか。
近隣に大分市という大きな街があるからかもしれませんが、少し寂れた(失礼)雰囲気はフォークに似つかわしいかもしれないですね(笑)

この記事へのトラックバック