Queen Mary 2 横浜入港

世界最大級の旅客船。麗しのQueen Mary 2が横浜港に初入港ですよ。

イギリスの名門であるキュナード・ラインが運航するフラッグシップQueen Mary 2が先週金曜日の3月6日に横浜港に初入港。生憎の悪天候にもかかわらず大勢の見物客を集めました。総トン数148,528トン、全長345m、全幅45m、全高72m(喫水10m)の巨大船。その高さゆえ横浜港に架かるベイブリッジ(海面から道路部下55m)を通過できないため、大さん橋ではなく大黒ふ頭に着岸したのも話題になりましたな。

結構な雨が降る中、自分もこのQueen Mary 2を観にいってきました。この日に限って一般開放された大黒ふ頭に行こうと思いつつ・・・近すぎてなんも撮れないであろうことと、当日聞いたところ相当な大混雑でシャトルバスもかなりの待ち時間とのことで。趣向を変えて横浜港内観光船マリーンシャトルに乗船して船上より見物、撮影してみました。

Σpω・´)

画像

PENTAX K100D
smc PENTAX-DA 50mm-200mmF4-5.6ED

マリーンシャトルが大黒ふ頭に差し掛かるとQueen Mary 2のその巨大な姿が目に入りました。てか・・・デカいなこれは。周辺の建造物より遥かにデカい。

画像

PENTAX K100D
smc PENTAX DA 18-55mmF3.5-5.6 AL

マリーンシャトルは特別に大黒ふ頭のバースの中にまで入ってくれましたよ。見上げるまでに大きなこの船を間近に見せてくれました。

画像

PENTAX K100D
smc PENTAX-DA 50mm-200mmF4-5.6ED

Queen Mary 2の船尾。船の大きさを実感できるパーツだったり。しかしチラと見える大黒ふ頭上は物々しい雰囲気になっているご様子ですな。

画像

PENTAX K100D
smc PENTAX DA 18-55mmF3.5-5.6 AL

画像

PENTAX K100D
smc PENTAX DA 18-55mmF3.5-5.6 AL

乗船したマリーンシャトル以外にもこの注目船を見学するクルーズがいくつか設定されていましたな。小回りの利く小型の船でのクルーズではQueen Mary 2の前よりまで進めたようで・・・自分らは後方からのショットしか撮れず(´・ω・`)

画像

PENTAX K100D
smc PENTAX-DA 50mm-200mmF4-5.6ED

ニューヨーク市にあるヴェラザノ・ナローズ・ブリッジを通過するために設計変更されたという煙突。ということは設計変更前はもっと全高が高かったつうことですなぁ。

画像

PENTAX K100D
smc PENTAX DA 18-55mmF3.5-5.6 AL

ブリッジの形が特徴的ですね。ちょっとずんぐりしててスマートさという点では・・・ですが、堂々としたスタイルはやはり流石というところでしょうかな。

洋上の宮殿とも呼ばれるQueen Mary 2。
とにかくデカい、溜息が出るほどデカい船でした。

今回のQueen Mary 2横浜初入港は雨に祟られちゃいましたが、これから頻繁とは言えないまでも横浜や神戸などに来る機会はあるでしょうから。次回に期待したいところ。しかし雨の平日でも相当な混雑のようでしたし・・・好天の週末とかだとまともに見物なんかできないかも・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2009年03月09日 23:26
こんばんは~
うわ~でかいです(笑
埠頭には行かなくて正解だったみたいですね。
こりゃちょっとしたマンションなんかより大きそうですね。
きっと快適な船旅ができるんでしょうね。
2009年03月10日 21:43
>TAKEさん
洋上の宮殿という呼び名は伊達じゃないですね。大きさ、豪華さとも素晴らしいです。
ウチのマンションの何倍の大きさなんだか(笑)
こんな船で旅をしてみたいですね~。

この記事へのトラックバック