小田原駅弁 母ちゃんのうめじゃこめし

じめじめ鬱陶しい季節は駅弁もサッパリしたモノが良いですね。

土曜日に箱根登山電車沿線へ紫陽花を愛でに行ったのは既にご報告の通り。で、この時期の紫陽花撮影は早朝から午前中に行うのが恒例。なもんで、お昼にはすでに帰路となり・・・小田原駅で駅弁をお買い上げとなりましたよ(∩´∀`)∩

画像

粋な包みの母ちゃんのうめじゃこめし600円ですよ。箱根登山・小田急の改札からJRの改札に向かう途中にある、小田原わっぱめし(しいの食品)さんの駅弁売場でお買い上げ。ネーミングと最近の駅弁としてはリーズナブルなのも目を引きますね。

画像

名の通りうめじゃこめしがぎっしり詰まっております。これだけでもかなりのボリュームですが、おかずに玉子焼きと鶏唐揚、あさり煮と盛りだくさん。ひょうたん型をしたしば漬けがユニーク。お値段からしてもかなり満足度が高いですな。同シリーズには母ちゃんの牛ごぼうめしという炊き込みご飯の駅弁もあるようで、次回のお楽しみにしておきましょうか。

で、おまけ。

画像

同じく小田原わっぱめしの売店にあったまさカリーパン200円。
金太郎由来のカリー・・・その上、まさかのご益とは・・・駄洒落?(´・ω・`)

カレーで有名な富士屋ホテル料理長監修というありがたい一品。ごぼうと牛肉(さすがに金太郎の稽古相手の熊肉は入ってませんでしたが)が入ってなかなか美味しかったですよ。小田原新名物として定着するでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック