万葉線試乗

富山県はLRTに縁が深い県ですな。

おととい、富山県は高岡まで日帰り出張してきたのはご報告の通り。さらに仕事は午前中で完遂し、夕方の航空便まで時間を持て余していたのも既にお話をしました。で。高岡で数時間のヒマ潰しという訳で・・・高岡駅前を基点に海沿いの越ノ潟まで走る万葉線に試乗してきました。

画像

RICOH R8

高岡の市街地は道路を走る路面電車。街を外れると専用の線路上を走る郊外電車という所謂LRT。一昔前までは加越能鉄道が経営にあたるローカル電車でしたが、平成14年に第三セクターである万葉線株式会社に引き継がれました。その後、平成16年からLRTタイプの新型電車を投入してイメージを一新。約半数の車両がその新型MLRV1000型に置き換えられていますよ( ´∀`)b

このフォルム。以前に富山で試乗した富山ライトレールの電車とれねこに良く似ていますね。柔らかいイメージとエアコン完備、15分ヘッド頻発運転の利便性等で地元に愛される鉄道を目指す辺りも富山ライトレールと似通った所がありますな。

乗り心地は急曲線や路面区間でのストップアンドゴーの多さですこぶる快適とは言えないものの、速度が低いのと線路の状態が良いのかスムーズな印象。郊外に出れば新しい電車の本領発揮で気持ち良い走り。最高速度は40km/hほどのようですが・・・LRTが庄川の長い鉄橋をコトコト渡る様もなかなか可愛いですよ。

画像

RICOH R8

ライトレールのフィーダーバス同様にコミュニティバスが整備されたり、パーク&ライドを推進したりと地域の足の軸になるような策をしっかり施しているのも興味深いですよ。それ以外にも途中駅では小矢部川を渡る渡船如意の渡しがあったり、終点の越ノ潟では県営フェリーが接続していたりと見所も多く、改めてゆっくり訪れたいですな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年07月10日 00:16
こんばんは~
なんだか可愛い車両ですね。
プラレールにしたら人気がでそう(笑
2009年07月10日 13:54
>TAKEさん
LRTは電車自体が小さいので玩具にするには都合が良いですね。デフォルメしてもあんまり変わらない(笑)
可愛い形も幸いしてか地元では愛されている様子でした。

この記事へのトラックバック