信州きそふくしま代山温泉 せせらぎの四季

川の音を聞きながら浸かる風呂は驚くほどの赤いお湯。

この週末に香り高い新そばを味わうために訪れた長野県は木曽町の開田高原。いつも通りの日帰り強行軍ドライブ旅ですから・・・当然の如く立ち寄り湯で温泉を楽しんでまいりましたよ(∩´∀`)∩

開田高原へのアプローチはR19から木曽街道を進むのが一般的。その木曽街道への入口である木曽福島にある立ち寄り湯で午前中にひとっ風呂。

画像

国道に面した好立地にあるせせらぎの四季(とき)。国道沿いとは言え木曽川の支流黒川の谷にあり長閑な雰囲気。平屋建ての施設は空が大きく見えて好印象ですな。

浴場は檜をふんだんに使ったひのきと御影石を主体に落ち着いた雰囲気のみかげの2つがあり、日替わりで男湯と女湯が入れ替わるとのこと。この日の男湯はみかげでしたが檜の香りもしてなかなか良い風情。で、何がびっくりってお湯が真っ赤なんですよ。鉄分が多いんでしょうかね。

露天風呂は7~8人が浸かれるほどの大きさで、全体に東屋がかかり仮に天候が悪くても楽しめそう。この日は抜けるような青空と黒川の水音が清々しく快適に浸かれましたよ。内湯は20人くらい入れそうな大きな湯船と大きな窓でこちらも気持ち良いですね。


■せせらぎの四季(とき)
泉質:含二酸化炭素-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉
営業時間:10:00~21:00(最終入館は20:30)
定休日:毎週水曜日(祭日を除く)
住所:長野県木曽郡木曽町新開3968-2
TEL:0264-24-2626
料金:大人700円/小学生350円(小学生未満無料)

この時点では比較的新しく清潔なのと、檜などの木材をふんだんに使った温かさがホッとさせますね。山に抱かれた空気と川の音がさらにリラックスさせてくれますよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック