PENTAX K-7

PENTAXのK1桁機は常に名機であれ。

プレミアムスモールを看板に掲げ登場したPENTAXのデジタル一眼レフカメラK-7。我が家にもやってまいりました。つうか、久々に物欲に負けての購入。でも久しぶりにコレは欲しい!と思わせてくれたんですよ。

我が家のデジタル一眼レフ従来機はPENTAX K100Dであります。現状K100Dに大きな不満があるわけではないのですが・・・ようやく現れたK1桁機であることと、ペンタプリズム採用で視野率100%のファインダーを実現してこのお値段(通販でボディ10万未満)ということにヤラれました(*´Д`)

画像

RICOH R8

昨夜、我が家にやってきたPENTAX K-7。APS-Cのおかげでコンパクトに纏まっていますし角ばったデザインも良いですね。流行に流されないPENTAXらしさが嬉しいですよ。マグネシウムボディの手触りや重量感もしっくりきますね。

コストの問題からレンズについては前々機の*ist DLからキャリーオーバーし続けているDA18-55mmF3.5-5.6ALが付いていますが。ま、レンズは不満がでてくるようになったら考えましょうかね。とりあえずPlanar T* 1.4/50 ZKPENTAX FA35mmF2ALといった単焦点レンズとの組み合わせは楽しみではあります。

画像

RICOH R8

K-7のチャームポイントであるペンタプリズムが入ったペンタ部をアップで。視野率100%を実現しつつこのスマートなスタイルをキープしたのも凄いこと。

とりあえず見た目と感触だけの感想ではあります。明日は関東の天候も回復しそうですし・・・どこか試運転がてらでかけてみましょうかね。インプレはまたそのときにでも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック