PENTAX K-7 試写

いよいよ実戦投入ですよ。

先週末に我が家のカメラ群(てほどではないが・・・)に仲間入りしたPENTAX K-7。バッテリの充電や最低限の各種設定を終えれば早く撮影に出たいのがホンネ。そこで天候も回復し関東は快晴となった昨日の日曜日。K-7を抱えて湘南海岸方面へ出かけてみたのです( ´∀`)ノ

なんのことはない・・・いつもの強制鑑賞会ですよ。

画像

PENTAX K-7
PENTAX FA35mmF2AL
HyP(シャッター速度優先) 1/100sec F5.0
WB:オート ISO:200 画像仕上:雅(MIYABI)

江ノ島駅近くにある珈琲屋(喫茶店に非ず)さんの前で。レンズがFA35にも関わらず画像はかなりシャッキリ。リサイズしているせいもあるかもですが1400万画素CMOSの威力はなかなか。この日は画像仕上げを各所でも評判の雅(MIYABI)に設定してみましたが、淡すぎもせずわざとらしくもなく・・・思ったより自然な感じ。

画像

PENTAX K-7
PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL
HyP(シャッター速度優先) 1/500sec F6.3
WB:オート ISO:200 画像仕上:雅(MIYABI)

青空に浮かんだ龍口寺の鬼瓦ですよ。この青のヌケ具合。これ2世代前キットレンズなんだぜ・・・古い設計のズームではありながらも焦点距離の両端以外ではまだまだイケる。高性能画像素子の前に撃沈するかも、と危うんでいたんですが流石は光学のPENTAX

画像

PENTAX K-7
PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL
HyP(絞り優先) 1/400sec F5.6
WB:オート ISO:200 画像仕上:雅(MIYABI)

龍口寺では蚤の市が開かれておりまして。そのうちの一軒で硝子細工を売っていましたんで、店主が居眠りしている間に一枚。これも同じ旧キットレンズだけど・・・まずまず?K-7との組み合わせも結構良いかも。

画像

PENTAX K-7
PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED
HyP(絞り優先) 1/640sec F8.0
WB:オート ISO:200 画像仕上:雅(MIYABI)

江ノ島~腰越間の江ノ電が路面を走る区間にある魚屋さんで。干物が美味そう。ちょっとピントがどこへ行ってるのか疑問が残るけど。

画像

PENTAX K-7
PENTAX FA35mmF2AL
HyP(絞り優先) 1/30sec F9.0
WB:オート ISO:200 画像仕上:雅(MIYABI)

場所を変えて長谷の御霊神社へ。これは水の流れを写したくて1/30secで。こういうシーンを急に撮りたくなったときにHyP(ハイパープログラム)は使いやすいですね。パッとシャッター速度優先にしたり絞り優先にしたりと切り替えが楽。もう常にHyPで良いんじゃないかと。

とりあえずK-7は期待通りのカメラ。ただ・・・今まで使っていたPENTAX K100D(今後も予備機として維持しますよ)と同じブランドながら、ずいぶんと操作性が違うので戸惑いましたね。特に測距点の変更がK100Dは十字キーのダイレクト操作だったのが、K-7はセンターのOKボタンを押してから十字キー操作というのが困った(´ヘ`;)

気がつくと画像仕上げを変えちゃってたり・・・まぁ、慣れなんでしょうけど。

と、多少の戸惑いはありつつですが、とにかく持って嬉しい所有欲を満たしてくれるカメラですね。決して高級機ではないし超コンパクトでもないけど手に馴染む道具感はさすがPENTAXといったところでしょうかねぇ。

というわけで、これから暫し強制鑑賞会が続くと思われますので覚悟の程を。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック