檜枝岐村

なぜかここへ行かないと年末の気分にならないんですよねぇ。

福島県南会津郡檜枝岐村。新潟県との県境にあって尾瀬の福島県側の入口の村。夏場はハイキングやトレッキング、冬はスキー客が訪れる場所であります。何故かここ数年、毎年最終の週末に訪れておりまして。場所柄、豪雪を期待しての雪中ドライブ雪見露天風呂を楽しみに訪れている訳ですよ( ´∀`)b

今年最後の日曜日の今日。スタッドレスに替えたばかりの愛車LEGACY B4でお出かけですよ。朝7時過ぎに横浜を出発して首都高速~東北道を突っ走り西那須野塩原ICへ。この週末は特例で高速道の休日特割(所謂1,000円高速)が適用外となったせいか東北道はガラガラ。気分良く雪を期待してR400へ降りるも・・・まったく雪が無く(´・ω・`)

画像

RICOH R8

R400~R121~R352と殆ど雪の無い南会津を走りぬけて昼前には檜枝岐村へ到着。気温も思ったより高くて拍子抜け。とは言え、30cmほどの積雪でスキー場はなんとか営業しておりましたよ。

画像

RICOH R8

リフトが虚しく動いておりましたが・・・お客さんは皆無でした(;´Д`)
檜枝岐村なんて知らない人の方が多いでしょうし、地元の方々しか来ないですよねぇ。確か檜枝岐村は人口密度が日本一低いもんで・・・そりゃ人影も少ないでしょうなぁ。

つうわけで、人影の無い(失礼)尾瀬の郷交流センター水芭蕉さんでお食事。

画像

まずはかもそば900円。昨年末に来たときとメニューが変わっていて、檜枝岐名物の裁ち蕎麦がなくなって普通の蕎麦になってました。ちょっと残念。でも蕎麦自体は十割で変わっておらず高い香りは楽しめましたよ。

画像

続いてこちらも檜枝岐名産、岩魚の塩焼き300円。通常は一年くらいで成魚に育つ岩魚も、檜枝岐の冷たい水だと一年半ほどかかるのだとか。そのおかげでたっぷり旨みを抱えているらしいですよ。

と、食事に満足したら温泉に浸かってから村内を散歩・・・このあたりはK-7を抱えて歩いてみたんで後日改めてご紹介しましょうか。ちなみに立ち寄った温泉は昨年末と同じアルザ尾瀬の郷でした。

画像

RICOH R8

それにしても檜枝岐村は美しい土地ですなぁ。この風景を見るとまた来年末も訪れようと思っちゃうんですよねぇ。さすがに住もうとまでは思わないんですが・・・長野の鬼無里と並んで大好きな土地だったりします。

さて。食事、温泉、風景といろいろ満足して帰路に着きまして・・・復路も東北道が予想以上に空いていて楽々18時頃には横浜に帰還。結局、全区間路面に雪は無くスタッドレスが活躍する場面はありませんでしたなぁ。

これで2009年の旅は鉄道、車とも終わりですかな。今年も残すところあと4日。昨年同様に1年間を振り返るヒマもないほどのドタバタぶり。せめて仕事納め(29日)後は少しのんびりしたいもんですな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック