PENTAX K-7と銚子電鉄散歩

電車が新しくなっても愛される鉄道であって欲しいですね。

体質改善の一環として電車が新しい車両に置き換えられることが決まった銚子電鉄。この日曜日はその銚子電鉄を訪れてプラプラと散歩をしてみましたよ( ´∀`)b

画像

PENTAX K-7
PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL
MTF優先プログラム(オートプログラムライン) 1/100sec F5.0
WB:CTE ISO:200 画像仕上:鮮やか

この日、最初に銚子駅から乗った電車は元丸の内線の1002号。銚電の電車の中では新しい方なんですが、だいぶくたびれている感じがするのは否めませんなぁ。

画像

PENTAX K-7
PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL
絞り優先(HyP) 1/400sec F5.6
WB:CTE ISO:200 画像仕上:鮮やか

外川駅の側線に澪つくし号とともに留置されている702号。ちょいとくたびれている1002号に比べても・・・相当傷みが激しい感じ。貨車改造のトロッコ車両である澪つくし号然り。

画像

PENTAX K-7
PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL
絞り優先(HyP) 1/125sec F9.0
WB:CTE ISO:200 画像仕上:鮮やか

外川駅ではまだ菜の花が咲いていました。後ろは澪つくし号。もうこのトロッコ車両には乗ることはできないのでしょうかなぁ。

画像

PENTAX K-7
PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL
絞り優先(HyP) 1/60sec F5.6
WB:CTE ISO:200 画像仕上:鮮やか

画像

PENTAX K-7
PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL
絞り優先(HyP) 1/80sec F5.6
WB:CTE ISO:200 画像仕上:鮮やか

時間が止まったような外川駅構内。昭和の匂いが漂う昼下がり。

画像

PENTAX K-7
PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL
絞り優先(HyP) 1/800sec F5.6
WB:オート ISO:200 画像仕上:鮮やか

仲ノ町車庫で。引退の決まった801号に寄り添うように佇むRabbit。もう走れないであろうこのRabbitは801号電車と何か語り合っているかのようでもあり・・・

画像

PENTAX K-7
PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL
絞り優先(HyP) 1/250sec F5.6
WB:オート ISO:200 画像仕上:鮮やか

新旧交代。銚子電鉄の新たな歴史が始まる予感。

画像

PENTAX K-7
PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL
深度(浅)優先プログラム(オートプログラムライン) 1/400sec F7.1
WB:オート ISO:200 画像仕上:鮮やか

801号に貼付された惜別ヘッドマークステッカー。お別れ近し・・・ですね。

というわけで、2回に渡って日曜日に訪れた銚子電鉄の様子をご紹介しました。新しい電車が導入されるのは喜ばしいこと。これからの銚子電鉄の新しい歴史の主役になるんですからね。しかし、入れ替わりに引退する701、702、801の旧型電車とのお別れはちょっと寂しいのも確か。

願わくば・・・
電車が新しくなっても今まで以上に大勢の人たちが訪れてくれると良いですな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック