TAMRON AF18-200mmで試写 その1

新レンズ試写。まずは赤レンガパークからの横浜港編ですよ。

この週末に仲間に加わった新レンズTAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II。早速日曜日にPENTAX K-7に装着して試運転がてらプラプラと散歩に連れ出してみましたよ。今回は横浜の赤レンガパークから大さん橋辺りまで歩きながら試写。

Σpω・´)

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II
プログラム(HyP) 1/500sec F9.0
WB:オート ISO:200 画像仕上:鮮やか

まずは赤レンガパークから象の鼻パークの方向を広角寄りで。完全な逆光ですがまずは無難なところでしょうか。18mmとワイド端ですが噂に聞くような画像の流れも感じられず、周辺光量落ちも無くまずまずといった感じ。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II
プログラム(HyP) 1/800sec F4.5
WB:オート ISO:200 画像仕上:鮮やか

解像感も悪くないですな。前々機*ist DLのキットレンズだったPENTAX DA18-55mmF3.5-5.6ALもズームにしてはかなり良い表現力を持っていると思いますが、こちらもなかなか負けていませんよ。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II
深度優先(深)プログラム(HyP) 1/320sec F11
WB:オート ISO:200 画像仕上:鮮やか

やはりこのレンズの最大のメリットは18mmから200mmをカバーする倍率の高さ。こうやって咄嗟に望遠が使えるのは手軽さと言う点からも優れていますな。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II
絞り優先(HyP) 1/640sec F9.0
WB:オート ISO:200 画像仕上:鮮やか

望遠側でも特にネガティブな点は目立ちませんよ。その上、K-7の強力な手ブレ補正にも助けられてかなりお気楽に200mmを使えますな。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II
プログラム(HyP) 1/13sec F45
WB:オート ISO:200 画像仕上:鮮やか

これはちょっとオマケ的に。望遠側で流すのは難しい(´・ω・`)

この日は夕方までプラプラと歩きましたんで、新レンズの試写はまだまだ続きますよ。と、次回まで引っ張ってみたりして。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック