Queen-Mary 2 再び

CUNARDのフラッグシップ。QUEEN-MARY 2が昨年に続いて横浜港へやってきてくれました。

2010年2月19日金曜日。世界最大級。洋上の宮殿とも洋上のIT都市とも呼ばれる麗しの女王が、昨年に続いて再び横浜港に姿を見せてくれました。ベイブリッジをくぐれないという事情から大黒ふ頭への接岸となるわけですが、前回と異なり大黒ふ頭は一般に開放されませんでした。つまりこの女王を見るには企画クルーズの港内遊覧船に乗るしかなかったわけで。

などと言っておりますが・・・言ってみればこの日のためにPENTAX K-7を導入し、高倍率のズームレンズも入手。会社にも早くから有給休暇を申し出て万全の態勢で準備をしておったんですよ。しかしですね。前記事にもちょこっと書いた食中毒が見事にこの前日に発症。当日はとても外出できる状況に無く・・・諦めざるを得ない・・・無念。゜(゚´Д`゚)゜。

で、当日同行する予定だった仲間が単独で撮影に行ってくれました。最近デジタル一眼レフに興味を持ち始めたと言うその仲間には、まずは購入までの見聞として昨年末頃から自分の愛機であるK100Dを貸しているわけですよ。そのK100DでQUEEN-MARY 2を撮影してきてくれまして・・・曲がりなりにも自分のカメラに女王のお姿を収めることができたわけです。

すんません。前段が長くなりました(´ヘ`;)

画像

PENTAX K100D
PENTAX FA28-200mmF3.8-5.6AL[IF]

やはりデカい。特に後姿はずんぐりしてて大きさを感じますなぁ。

画像

PENTAX K100D
PENTAX FA28-200mmF3.8-5.6AL[IF]

威風堂々。これぞ麗しの女王。

画像

PENTAX K100D
PENTAX FA28-200mmF3.8-5.6AL[IF]

特徴的なブリッジの形状はやはりスマートさに欠ける感じに思うのですよ。でも綺麗な曲線を描いているのは良く判りますな。

画像

PENTAX K100D
PENTAX FA28-200mmF3.8-5.6AL[IF]

もうなんかマンションみたいですねぇ。前回見たイメージも海に浮かぶ巨大な建築物でした。船として認識するにはデカ過ぎるんですよ。たぶん。

画像

PENTAX K100D
PENTAX FA28-200mmF3.8-5.6AL[IF]

なんだかんだ言って格好良い船ですな。今年、新たなクイーンエリザベス号が建造されるようですが、今しばらくは女王の名に相応しい優雅さで世界最高峰の船の座に着くのでしょうね。聞くところによると新クイーンエリザベスは9万tクラスつうことで、大きさだけでは14万tのQUEEN-MARY 2の方が上のようですが・・・

この日は前回と違って天候も良く綺麗に撮れたようです。羨ましい・・・次回の横浜寄港が何時になるかわかりませんが「次こそは」の思いは強いですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック