桜のある風景~江ノ電~

今日は江ノ島~鎌倉あたりの桜を愛でに行ってまいりましたよ。

いよいよ見頃を迎えそうな神奈川県東部の。横浜は週末前の金曜日にほぼ満開となったようで、それなら今日は鎌倉あたりも良い塩梅ではないかと出かけてみた次第。もちろん相棒はPENTAX K-7ですよ(`・ω・´)

まず訪れたのは江ノ電の江ノ島駅ちかくにある龍口寺

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

期待して訪れてみたものの・・・やや見頃には早いようでまだ蕾も多い状態。それでも開いた花は淡く繊細な風情を漂わせていましたよ。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

境内にお邪魔して撮影開始。1000型電車の登場30周年を記念して復活したサンライン塗装の電車と。明るい塗装の電車と桜の相性も悪くは無いですね。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

次にやってきたのは通常のグリーン塗装の電車。やっぱり江ノ電グリーンと桜のマッチングは良いですなぁ。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

龍口寺の門近くには立派な桜がありましたよ。こちらの咲き具合はまずまず。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

その門の横から路面区間を見下ろす位置で一枚。これでとりあえず龍口寺での撮影を切り上げて昼食へ。食事についてはまた改めて・・・

昼食後は江ノ電に揺られて極楽寺へ移動。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

極楽寺の桜もまだちょい早い感じ。駅舎横の桜も蕾ばかりで・・・トンネルの桜もまだボリューム感に欠ける感じでしたなぁ。ひょっとしたら来週末の方が良かったのかも。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

最後は隣の長谷駅近くの御霊神社へ極楽寺駅から一駅分歩いて移動。朝は曇っていた空も青く開けてきたんで気持ち良い散歩になりましたよ。で、御霊神社の桜は・・・まずまずの開花状況でしたがボリュームが薄く電車に絡めて撮れる感じでなく。

やはり全体的にやや見頃にはまだ早い感じでしたな。横浜よりは少々後に見頃がやってきそう。それでもこの季節しか楽しめない風景を堪能することはできましたよ。この後は横浜エリアへ移動しましたんで、そのあたりも改めてご紹介しましょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年04月04日 01:03
龍口寺って、鎌倉時代の処刑場(竜ノ口)の跡なんですよね。
そして、昔から桜の根の下を掘ると死体が埋まってるなんて噂もありますが……死刑場跡なら納得できるかも(笑)

そういえば、当時の刑場って海岸にあったと聞きますが、今は海岸まで結構距離がありますよね。
そう考えると、約800年の間に随分と埋まったor埋め立てられたと思いません?
2010年04月05日 19:22
>讃岐屋さん
確かに龍口寺は刑場跡に建っているようですね。日蓮上人が処刑されそうになったのもこの地だとか。
海岸線の移動は理由はわかりませんね。自然に変わったのか人為的なのか・・・埋め立てたのかな?

とすると、由比ガ浜とかは実は人口砂浜??

この記事へのトラックバック