旅の空~金沢~

GW旅の二日目。今夜は金沢に投宿しておりますよ。

昨日から連休に突入しまして久々に愛車B4でのドライブ旅。初日の昨日は横浜から富山まで360kmを激走してきましたが、今日はB4を富山市内の駐車場に預けて列車に揺られる旅( ´∀`)b

実は今回の旅の行き先を北陸地方に決めたのは、今日の予定がまず決まったからに他なりませぬ。宿やらスケジュールは実は後付け。で、何が決まったかと言いますと・・・黒部峡谷鉄道の切符(ネット予約)がひょっこり4日前に取れちゃったんですね。それからその時点でもう空きの殆ど無い宿をあちこち探した結果、昨夜が富山で今夜が金沢になったというわけですよ。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

今朝は5時半と早起き。まずは車を富山駅近くの駐車場に預けて富山地方鉄道(地鉄)の富山駅へ。7時過ぎに発車する地鉄の急行電車で宇奈月温泉へ向かいますよ。車内にはチラホラと黒部峡谷へ向かうであろう観光客も。でも、黒部峡谷鉄道のお客の殆どは車やバスで宇奈月入りするそうで。地鉄で来る人なんてわずかなんですなぁ。

宇奈月に着いてみたら確かに車とバスからのお客さんで大混雑(;´Д`)

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

宇奈月9時発の黒部峡谷鉄道トロッコ列車で黒部川を遡りますよ。しかし人間てのはすごいですね。こんな峻険な谷に鉄道を敷いてしまうんですから。

黒部峡谷鉄道は関西電力黒部川電源開発の資材運搬を目的に敷設された鉄道で、後に観光鉄道として関西電力から独立したもの。成り立ちと言うか、環境は大井川鉄道井川線に似てますな。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

GWでも残る雪、見事なグリーンの黒部川、アルプスの峰々・・・乗車時間は1時間半弱ですが見事な車窓は全く飽きることが無いですよ。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

終点の欅平に着いたのは10時半ちょい前。峡谷には新雪まで残雪が溶けきらない万年雪があるような場所なんですが、思ったほど寒くなかったのは幸い。ちょうど桜が満開になっていましたよ。

2時間半ほど欅平駅周辺をプラプラしてみたんですが・・・まだ周囲は整備中のところが多く、散策路も殆ど歩けない状態だったのは残念。ま、GWにようやく冬季運休から運転再開したばかりですからね。夏場にはいろいろと見て回れるようになるのではないでしょうかな。

欅平からは黒部峡谷鉄道~富山地鉄と来た道を富山へ。夕方17時頃に愛車B4に戻りまして、混雑激しいR8を避けてR359で金沢市内へ。19時頃には市内の宿に落ち着いたと言う訳ですよ。

ささ。明日は旅も最終日。夜に横浜まで戻れれば良いので、もうちょっとあちこちプラプラしてみましょうかね。あ。黒部峡谷についてはデジタル一眼レフPENTAX K-7を連れて行きましたんで、このあたりは改めてご紹介しましょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック