PENTAX K-7と木曽伊那散歩

秋は空や花が綺麗に映える時期ですね。

そういやPENTAXからK-5が発売になりましたね。一時の元気の無さから見ると、HOYAになってからのPENTAXが元気なのは嬉しいことです。

という話もありつつ・・・


先週末に新そば目当てに訪れた長野県木曽の開田高原。その後に訪れた伊那谷も併せてPENTAX K-7で切り取った風景を何枚かご紹介( ´∀`)b

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

木曽と言えば御嶽山。東海地方あたりではこの山々は恥ずかしがり屋と言われ、周囲が晴れても山容を全て現すことは稀なんだとか。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

開田高原はすっかり秋の様相。ススキも穂を開き、重そうに頭をたれ始めておりました。やっぱり秋といえばススキですなぁ。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

もうひとつ秋といえばコスモスですね。薄い色から濃い色まで様々な色で咲き誇っておりましたよ。風に揺れる姿は可憐そのものですなぁ。

画像

PENTAX K-7
TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

場所を伊那谷に変えまして・・・伊那谷には南北にJR飯田線が走っております。風情たっぷりのローカル線で電車の本数も少なく、線路傍のコスモスやススキが電車の通過風で揺れることもあまりありませぬ。

つうわけで、今回の旅の強制鑑賞会は終了です。早く立ち寄った温泉のご紹介をせねばなりませんな・・・(。・x・)ゝ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック