小豆温泉 窓明の湯

雪深い山間の温泉は風情たっぷり。話は2010年末に遡ります・・・

年末恒例となった福島県檜枝岐村を訪ねるドライブ旅。ここ数年は檜枝岐村内にある温泉に浸かってから帰るのも恒例でした。が、村内の立ち寄り湯は一渡り巡ったこともあり違う温泉に寄り道。いや。村内の立ち寄り湯は良い温泉ばかりなんでリピートでも良かったんですが、去年檜枝岐を訪れたときに見かけて気になっていた温泉がありまして。

R352を伊南川沿いに檜枝岐村に向かう途中、その手前にある隣町の南会津町。豪雪地帯らしく長いスノーシェードの続く区間で、そのスノーシェードのわずかな切れ目で左折して伊南川を渡りますよ。

画像

Apple iPod touch 4th

伊南川の谷に建つ窓明の湯。雪国らしい急角度の屋根を持つ建物ですね。周囲に集落はあるもののさすがにまだ午前中では人影もなく、11時前後でしたが貸切状態で楽しませていただきました。

施設自体は木の風合いを活かした建物で山間の温泉らしい雰囲気を醸し出していますな。脱衣所は比較的広く、スキーシーズンでもここまでは・・・てな感じですね。でもおかげでゆったり使えますよ。お風呂は陽明の湯と月明の湯があり、この日は月明の湯が男湯。内湯はやや暗い感じですが7~8人ほどが浸かれそうな湯船でゆったり。

露天風呂は10人くらいは入れそうな大きな湯船。で、12月末ですから何と言っても雪見風呂が最高。白く染まった伊南川の谷を眺めながら浸かる露天風呂は文句なし。もちろん他のシーズンなら緑や紅葉を眺めながら・・・となりそうですね。


■小豆温泉 窓明の湯
泉質:単純泉
営業時間:10:00~20:00(受付終了は19:30)
定休日:毎週木曜日(祝日は営業)7、8、10月は無休
住所:福島県南会津郡南会津町大桃平沢山1041-3
TEL:0241-76-3112
料金:大人850円/中学生650円/小学生500円

さすがに首都圏からははるばるやってきた感じのする温泉。山間の雰囲気が十二分に楽しめます。谷側を眺める広い露天風呂も気持ち良い。是非雪見露天風呂を楽しんでいただきたい立ち寄り湯です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック